読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

素人がそれっぽく語る、昨日のプロ野球。

プロ野球情報を小気味よく更新する多重人格者です。

【ドラゴンズファン】2016年6月8日 / vsオリックス・バファローズ - 2回戦

 

こんばんは、グラブです。ドラゴンズファンです。

風邪が長引いていますが、ようやく治ってきたみたいです。

 

中日ドラゴンズ 1 - 2 オリックス・バファローズ

2016.06.08 / 京セラドーム

 

昨日の熱戦が嘘のように、試合はサクサク進んでいきました。

 

f:id:glovetoss:20160609005112j:plain

 

2回に中島選手に打たれた、2ランホームラン。若松さんは最後まで省エネで好投を見せるものの、打線は僅か2安打と沈黙。松葉選手の丁寧なピッチングに立ち向かう術を持ちませんでした。昨日の12回に見せた粘りと勢いは何処へやら…この2点が決勝点となり敗北を喫しました。

 

   

大島さん・平田さんが自力出塁無し。

規定打席に到達している打撃陣の中で、出塁率1位の平田さん・3位の大島さんが自力で出塁することなく全打席で凡退。

両選手ともに第1打席こそ粘りを見せたものの、第2打席以降は3球以内で打ち取られてしまうという寂しい結果となっています。

 

平田さん・大島さんともに選球眼の高さに定評のある選手です。

 

松葉選手の投球はコーナーを突いたピッチングでコントロールが冴えていました。しかし、空振りを取りに行く球でボール球の変化球が多かったことや、ストレートでストライクを取りに行くなど、ある程度対策はできたはずです。

 

塁に出てチャンスを作る役割を担う選手が早打ちで凡退しているようでは、勝利を呼び込むことは難しいのではないでしょうか。早打ちといえば、最近徐々に調子を落としているナニータさんも今日は早打ちが目立ちました。

 

得点が生まれない時こそ、じっくりと戦って相手に隙が生まれるのを待たなければ。イライラして主軸が早打ちになってしまっては相手の思うツボです。しかし、ビシエドさんのホームランも初球打ちだったので、チームとして何か狙いがあったのかもしれません。

 

明日は粘りのあるバッティングで、まずは出塁を…お願いします!

 

推定130メートル超えの特大ホームラン!

ビシエドさんのホームラン、そして勝利を決めた中島選手のホームランともに、レフトスタンドの3階席に届く特大ホームランでした。

 

▼中島選手の決勝2ランホームラン (推定130m)

 

ビシエドさんの特大ホームラン (推定135m)

 

昨日から少しずつ調子を取り戻しつつあるビシエドさんに、久しぶりの一発が生まれました。阪神タイガースとの開幕3連戦を思い起こさせるような、レフトスタンドへの特大アーチ。

 

中日ドラゴンズの躍進には「4番の覚醒」が欠かせません。今日の1発を起爆剤として、明日を勝利で飾りカードを勝ち越しで飾りましょう!

 

 

 

今日の晩ごはんは煮物でした。

徐々に揚げ物より煮物が好きになる自分に、世の無常を感じます。